祇園あきらブログ

 

祇園あきらブログ

祇園あきらブログ
フォーム
 
北京通り
2016-02-27
祇園もご多分に漏れず、外国の人で賑わっています。
 
花見小路通は、「北京通り」とあだ名ががつくほど…。
 
舞妓ちゃんらはまるで女優気分。
 
スマホやカメラでパチパチ―。
 
少しでも立ち止まったもんなら、数十人が彼女らを取り囲み、身動きできない状態に。
 
―何とかしとおくれやす―
 
という表情で視線を送ってきますが…。
 
どないもなりませんがな、私とて…。
 
そんな昨今です。
 
お気軽に祇園におこしやす。
 
花街
「何や敷居が高う感じまして…」
 
という言葉をよく耳にします。
 
京都の文化・町、その中でも特に「花街」は
 
そんな感じで受けとめられていますが、
どんなもんでしょうかね。
 
それだけで京都ですからと誇りを感じたりしてしませんやろか、私を含めて京の人は。
 
よくよく考えますと、それは一面バカげた話です。
 
敷居は高いより低いのがよろしおす。
 
第一、多くの人がまたげます。

それこそ何も知らん無垢なお子さんでも。
 
商いとは多くの人を受け入れるのが大きな大きな原則なんとちがいますやろか。
 
「格式」とか「しきたり」、あるいは「通である」とかは、その次の次でよろしおす。
 
大手を振って、お気軽に祇園におこしやす。
qrcode.png
http://gion-mitoko.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<美登幸>> 〒605-0074 京都市東山区祇園花見小路四条下ル TEL:075-561-3602 FAX:075-561-7091